初めてのビジネスローン~厳選6サイト~

top > ビジネスローンについて > ビジネスローンを組むためのコツを知る

ビジネスローンを組むためのコツを知る

 インターネットは発展してからは独立をする人が増える傾向にあります。
雇われているだけでは給料は上がらず、経済的にも豊かな状況に慣れないからです。
独立をするときに最初に必要なものはお金です。
資本金がなければ、独立をすることはできないので、まずは資金調達の方法を考えるといいでしょう。
いくつかの手段がありますが、一番現実的な方法はビジネスローンを組むことです。
ローンを組む時には、物件を担保にいれることで有利になりますが、何も担保をもっていない人でも借り入れをすることができるので安心しましょう。
保証人も担保も不要で借り入れができ、資金用途も自由といったローンがあります。
事業計画をしっかりと行い、返済をしていける自信があれば、早い段階で申し込みをしてもいいです。
いくつかの会社があるので、比較をしながら検討しましょう。


 ビジネスローンを選ぶ時には、保証人の有無や担保の有無を確認しておくといいです。
会社によっては、事業計画書の提出が必要になってくることもあります。
有担保の場合には、借入金額が多く設定されたり、金利が低く設定されるなどのメリットがあります。
無担保の場合には、有担保のメリットとは逆です。
しかし、借り入れに手間がかからなかったり、即日での融資を受け付けているところもたくさんあるので、メリットを最大限に活かせるようにしましょう。
会社によって借り入れ限度額にちがいがあったり、借入限度額の増額をどこまで受け付けているかがちがいます。
借り入れをする前に事前にチェックをしておきましょう。
資金を調達する時間がないときには、即日融資を行っている会社を選択するといいです。
その日のうちの申し込みをして、その日のうちに借り入れすることができます。


 ビジネスローンを組む時の大きな特徴としては、総量規制の対象外であることです。
総量規制とは、借り入れをする人の年収の3分の1までしか借り入れができない法律のことです。
年収が600万円の場合には、200万円までしか借り入れができません。
しかし、ビジネスローンでは総量規制が対象外なので、年収がなくても1000万円を借り入れすることができます。
大きな資金が必要なビジネスをするときには重要なことなので覚えておくといいでしょう。
また、借入限度額の範囲内であれば何度でも借り入れができるのも特徴です。
資金が必要になるたびに借入を行っていくといいでしょう。
満額を使い切るのではなく、少しだけ余裕を持たせて使っていくことで、資金的な余裕を持つことができます。
返済日や収益の日にちなど、細かく計算をして、事業計画を進めていくといいです。

次の記事へ

カテゴリー