初めてのビジネスローン~厳選6サイト~

top > ビジネスローンについて > ビジネスローンは返済の目途が立ってから利用すべき

ビジネスローンは返済の目途が立ってから利用すべき

 カードローンが消費者金融のみならず、銀行も販売するようになり、利用客が大幅に増大しています。
そこには銀行からお金を借りることに対して、多くの人は抵抗を感じることなく、当たり前と考えている人が多く存在したことがあると言われます。
また、大きな金額も借りやすくなっていることや、金利も低く設定されていることが、安心して利用出来る要因にもなった訳です。
ですがこのローンは、あくまで個人向け融資であって、企業や事業用に利用出来るものではありません。
一般的に考えられる企業等で利用出来るローンは、たくさんの書類を用意し、担保物件も確保するなどの手間や準備が大変でした。
更には、申請を行う前に銀行側と綿密な面談や打ち合わせが必要になり、かなり面倒な作業を行い、まずは担当者のOKを貰うことが前提にもなっていました。


 そんな一般的な企業向けローンでは、審査もかなり厳しくなり、融資を受けるまで相当数の時間を要すことになります。
万が一にも緊急にお金が必要になった時には、間に合わないと言ったことにもなりかねません。
そこで急な時の対策などに使われるようになったのが、ビジネスローンです。
公的な融資でないことから、消費者金融などの民間企業も販売することが出来る企業向けのローンとなっています。
このビジネスローンの特徴は、審査が早く終わると言うことです。
ですが、その分金利が高めに設定されてしまいます。
しかし、無担保での融資が可能なことに加え、第三者の保証も必要がないなど、カードローンと同様に利用しやすくなっているのが、大きな特徴です。
保証人を探す時間がない、担保物件がないと言った事業主には、非常に便利なローンとなっています。


 また個人融資と大きな違いは、消費者金融等が扱ったとしても、総量規制の対象にならないと言うことです。
消費者金融が個人に融資をする場合、その金額は年収の3分の1までとされていますが、その規制はここでは行われません。
また融資先企業によって違いも出て来ます。
融資を受けたお金の使途は、事業用に限られる場合があれば、自由に利用して良い場合もあります。
利用方法が明確でない場合には、融資を受ける前にキチンと確認する必要があります。
また融資を受ける側には、個人事業主も多くなることから、収入証明の書類が必要になって来ます。
加えて、事業計画書や決算時の書類の提出を求められることもあると知っておきましょう。
個人のカードローンと違い、融資を受ける金額も大きくなると予想されるビジネスローンですが、キチンと返済出来る見通しがあってから利用すべきものと言えます。
ただ、資金不足と言うことで、後先を考えずに利用することだけは、避けるようにすべきです。

次の記事へ

カテゴリー