初めてのビジネスローン~厳選6サイト~

top > ビジネスローンについて > ビジネスローンのメリットやデメリットは

ビジネスローンのメリットやデメリットは

 事業を展開する場合に開業、運転資金などが必要になります。
自己資金でまかなうことができるのが理想的ですが、不足してしまう場合には融資を受けることも選択肢の一つです。
資金調達の方法はいくつかありますが、その一つとしてビジネスローンがあります。
どのようなローンかというと、対象が基本的に個人事業主、そして中小企業の経営者という点が特徴であり、担保が必要ないという点は大きなメリットといえるでしょう。
事業を展開するうえで、資金繰りに困ることも多く、早く資金を調達しなければならない事態もあります。
担保がないからといってお金を借りることができないと断念することもなくビジネスローンを利用すれば融資を受けることができるため、審査を受けてみましょう。
保証人に関しても第三者保証人など頼める人がいないケースであっても申請ができるのもメリットの一つです。


 ビジネスローンの場合には、資金に関して使い道を問われることがありません。
この点についてもメリットといえるでしょう。
事業に使うという点でだけであってその内容に関しては比較的自由に使うことができるというのは魅力的といえます。
そのため、取引先への支払いや設備に関しての購入、従業員を雇っている場合には賞与の支払いなどに使うとしても特に問題ありません。
総量規制がない点もビジネスローンのメリットの一つです。
個人事業主の場合、審査を受け返済余力があるかという点においてクリアすることや事業のための資金ということを証明するための資料、審査に関して問題がなければ年収規制などにひっかかる個人向けの消費者金融とは違うため、年収の三分の一以上の金額を融資可能になる場合があります。


 ビジネスローンのデメリットとしては、金利が高いという点です。
通常の公的、銀行融資などと比較しても金利が高い傾向があります。
また融資上限額というものがありますが、上限額ギリギリまで必ずしも借りられるとは限りません。
審査結果次第では利用可能額は変化します。
審査によって事業規模や返済能力、そのほかにも必要な運転資金に関してなどさまざまな点から判断され申し込みした額よりも減額になる可能性はあります。
そのため、結果として本人が必要と思いビジネスローンの審査を受けても満足のいく結果にならないケースもあるため注意が必要です。
ビジネスローンにおいてメリットやデメリットはありますが、事業展開をしている方にとっては有効活用できる可能性は高いため状況によっては利用をしてみるというのも一つの方法です。

次の記事へ

カテゴリー