初めてのビジネスローン~厳選6サイト~

top > ビジネスローンについて > ビジネスでの資金の確保の方法やポイント

ビジネスでの資金の確保の方法やポイント

 ビジネスでは資金繰りが非常に重要になります。
とくに中小企業や起業して間もない会社などでは、資金繰りで苦労をする場合も多くなります。
相手の支払いが先になる場合も多いので、その期間こちらの支払いをどうするかで困ることになります。
その方法としてそれらの企業のためのローンや売掛債権を利用したファクタリングなどがあります。
それらを利用して、収入を得るまでの間を耐えていくということになります。
銀行の融資の場合には、それぞれ借り入れの枠があり、その枠の範囲内であれば、借り入れができるのですが、その枠がいっぱいであれば、それ以上借りることができません。
それでノンバンクなどのビジネスで借り入れができる業者などを利用して、借入をするという方法になります。
金融機関では借り入れも厳しくなっているという事情もあります。


 金融機関でお金を借りる場合、審査が通らないとか、枠がいっぱいとか、時間がかかるとかの事情がある場合も、急な資金の利用では役に立ちません。
それでノンバンクなどから借りるという方法になりますが、もうひとつのファクタリングという方法も、最近増えていて、専門の業者も多くなってきました。
これは売掛債権を手数料などを引いて買い取ってもらうという方法で、融資ではないので、買い取ってもらった時点で、取引は終了しますので、その後のしがらみもなくてすみます。
すぐにできるので、融資の審査などの時間をかけるというデメリットもありません。
それで最近はファクタリングで資金を得るという方法が人気になっています。
その他限度額もファクタリングの場合には上限がありません。
売掛債権の金額で決まるからです。


 ファクタリングの場合には個人事業種が使えないというシステム上のデメリットがありますので、その点はビジネス用のローンを使うしかないということになります。
また上限も決まっているので、その点も必要な資金以下であると、借りる意味がなくなるということにもなります。
本来は借りる必要がないように資金計画を立てて、最悪の状態でも、資金繰りに困らないようにしておくということが必要ですが、世の中何が起こるかわからないので、資金繰りの方法を事前によく考えて、何種類か確保しておくということが重要になります。
転ばぬ先の杖ではありませんが、資金が必要になる可能性がわかっていれば、事前に対策を立てておくことも可能な場合もあります。
事前に計画を立てられないこと自体、無理のある商売をしているということになります。

次の記事へ

カテゴリー